ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

情報系のための離散数学

猪股 俊光, 南野 謙一  著

在庫状況 有り  僅少 お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,750(税込)         

発行年月 2020年09月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 10p,197p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/理工学/数学/数学一般・その他
ISBN 9784320114364
商品コード 1031965900
NDC分類 410.9
基本件名 離散数学
本の性格 テキスト
新刊案内掲載月 2020年11月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031965900

内容

 現代社会を支える主要技術の1つに情報科学を基盤とした情報通信技術(ICT)がある。
 このICT技術の発達は、現代の人工知能やビッグデータ解析といった技術の根底をなしており、また今後到来が予測される「超スマート社会」もこの技術の活用による実現が期待されている。情報科学の中では数学的手法、特に離散有限個のデータ解析を得意とする離散数学が重要な役割を果たす。本書は、その入門的な教科書である。
 内容としては、各単元で扱う内容に関しては高校数学レベルの復習から説明する。学生が自習しやすいように、豊富な例題と図解をつけ、例題や練習問題を解いていきながら、情報科学・社会科学のトピックへの関心を高めていく。巻末付録として、現在の指導要領では取扱われない行列分野の基本とそれをpythonで演習させる方法について簡単に解説した。また、WEB資料として、本書では略解となった解答の詳細な解説と、行列をMATLABで演習させる方法についての解説をホームページ上に公開している。大規模データの解析や、数学的モデルの処理にあたってはコンピュータによる問題解決が望まれる。この付録はその準備も目的としたものである。

目次

カート

カートに商品は入っていません。