ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

バタイユからの社会学~至高性、交流、剝き出しの生~(KGUP série社会文化理論研究)

岡崎 宏樹  著

在庫状況 自社在庫有り  僅少 お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,960(税込)         

発行年月 2020年10月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 300p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/社会科学/社会学/社会組織・社会集団
ISBN 9784862833068
商品コード 1032365364
NDC分類 361
基本件名 社会学
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2020年11月5週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1032365364

著者紹介

岡崎 宏樹(著者):1968年兵庫県生まれ
京都大学文学部哲学科(社会学専攻)卒業
京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学 京都大学博士(文学)
現  職 神戸学院大学現代社会学部教授
専  門 社会学理論 文化社会学
主要業績 『社会学の基本 デュルケームの論点』(分担執筆,学文社,2020年)
     『はじまりの社会学―問いつづけるためのレッスン』(分担執筆,ミネルヴァ書房,2018年)
     『作田啓一 VS. 見田宗介』(分担執筆,弘文堂,2016年)
     『映画は社会学する』(分担執筆,法律文化社,2016年)
     『記憶とリアルのゆくえ―文学社会学の試み』(分担執筆,新曜社,2016年)
     『全訂新版 現代文化を学ぶ人のために』(分担執筆,世界思想社,2014年)
    

内容

バタイユの著作を社会学的に読み解き、その知見を取り入れることで社会学理論を深化させる。社会学的読解は、バタイユ解釈の一つの方法にすぎないが、いまだ探索されていない鉱脈を掘り当てる試みとなりうる。

目次

カート

カートに商品は入っていません。