ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

医療に活かす生体医工学

平田 雅之, 齋藤 充弘, 紀ノ岡 正博, 和田 成生, 伊井 仁志, 大谷 智仁, 武石 直樹, 橋爪 誠, 大城 理, 岡山 慶太, 坂田 泰史, 河野 喬仁, 村田 正治, 佐久間 一郎, 篠原 一彦, 江藤 正俊, 小林 聡, 牟田口 淳, 今田 憲二郎, 家入 里志, 山田 耕嗣, 大西 峻, 山家 智之, 不二門 尚, 松村 泰志, 野村 泰伸  著

日本生体医工学会  編
在庫状況 有り  僅少 お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,520(税込)         

発行年月 2020年11月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 8p,213p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/生命科学、医学、農学/リハビリテーション医学 /リハビリテーション医学
ISBN 9784339072471
商品コード 1032394494
NDC分類 492.8
基本件名 医用生体工学
本の性格 テキスト
新刊案内掲載月 2020年12月3週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1032394494

内容

医学生や高等教育機関における医工学専攻科,および工学部の学生が生体医工学に興味を持ち将来自分の研究専門分野にしたいと思ってもらえるよう,写真や図を使い工学技術の医療応用分野をわかりやすく興味が持てるよう解説。

【本書の内容】
第1章では,再生医療に用いる細胞と,その細胞または組織の製造に関する考え方,および培養工学の観点から特徴を解説。
第2章では,循環器系を例にとり,計測に基づく現象論的理解を主体とする医療と,力学解析に基づく理論的理解に重点を置くバイオメカニクスを結び付ける生体力学シミュレーションについて解説。
第3章では,医用画像を介して「人体の総合的理解」を深めることを目的とした新学術領域である多元計算解剖学を解説。
第4章では,多岐にわたる医療機器のうち生体計測機器に関して解説。
第5章では,外科的に切開することなく,カテーテルを用いて体の中の治療を行うインターベンションについて解説。特に循環器内科の領域である心血管系のインターベンションにフォーカスを当てて解説。
第6章では,ドラッグデリバリーシステムの中で近年注目を浴びているナノ粒子について,生体適合性の付与,血中滞留性や標的指向性などのターゲティングシステムについて紹介。
第7章では,外科手術において術野の解剖学的情報,機能情報などをその3次元位置情報と関連付けて術野に提示することで,術者による患部の位置,領域の正確な把握,損傷してはならない重要血管,重要組織などの正確な空間認識を支援し,外科手術を安全かつ確実に実施するためのナビゲーション技術について解説。
第8章では,医工連携に携わってきた外科医の立場から消化器領域の内視鏡外科手術について解説。
第9章では,泌尿器科領域における内視鏡手術と腹腔鏡手術について最近の知見を踏まえて紹介。
第10章では,世界でも卓越した内視鏡外科手術の技術を有するわが国の外科手術において,ロボット手術の果たす役割と今後の展望,および普及に向けた課題について解説。
第11章では,さまざまな人工臓器の現状を概説し,加齢による疾患で機能が廃絶されてしまった内臓の機能を代行し,あるいは支援することで,患者の生命予後を向上させ,QOLを改善する試みについて記載。
第12章では,埋植型電子機器の人工内耳および人工網膜について概説。
第13章では,ブレインマシンインタフェース(brain-machine interface,BMI)の出力型の体内埋込み型BMIについて概説。
第14章では,医療情報システムの中で電子カルテから医療評価・研究のためのデータ収集に焦点を当てて記載。
第15章では,医療機器承認審査の基本的な考え方を理解し,それに開発者としての適切な考え方について考察することを目指す。
第16章では,医学,医療の営みと親和性が高い計測と制御という工学的考え方の中から医師や医療従事者の方に知っておいていただきたい事項を選び,そのエッセンスを概説。

目次

カート

カートに商品は入っていません。