ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

世界最高峰の経営教室

広野彩子  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,640(税込)         

発行年月 2020年10月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 318p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/経済学説・経済思想
ISBN 9784296107063
商品コード 1032421300
NDC分類 335.04
基本件名 経営
本の性格 実務向け
新刊案内掲載月 2020年11月4週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1032421300

著者紹介

広野彩子(著者):日経ビジネス副編集長 1993 年早稲田大学政治経済学部卒業、朝日新聞記者を経て2001 年から日経ビジネス記者。2005 年、米プリンストン大学大学院修士課程修了。2013 年から日経ビジネス副編集長。2016 年から日本経済新聞社の英文媒体Nikkei Asian Review にて英文記事の編集・執筆に携わり、エディターとして企画・編集した特集" Overworked"(働き過ぎ)が2017 年、アジアの優れた英文報道を顕彰するアジア出版者協会賞(SOPA)で最優秀賞(Award for Excellence) を受賞。書籍などの編集も手掛け、担当作に『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(入山章栄著)、『日経ビジネス 日本経済入門』(日経ビジネス編)、『ビジネスに効く最強の「読書」-本当の教養が身につく108 冊』(出口治明著)、「(日経BP ムック)新しい経済の教科書」などがある(いずれも日経BP)。著書に『100歳、ずっと必要とされる人―現役100 歳サラリーマンの幸せな生き方』(福井福太郎と共著/日経BP)。

内容

ポーター、コトラー、ミンツバーグ、
「ダイナミック・ケーパビリティ」のデビッド・ティースに、
「両利きの経営」のチャールズ・オライリー ……。

「世界標準の経営学者」たちは、今、何を考えているのか?

入山章栄、興奮。
まさにドリームチーム。
ありえないほど豪華な17人。

【世界トップのスター研究者による全17講】

ポーター教授のCEO論/ダイナミック・ケーパビリティ/両利きの経営/オープンイノベーション/コトラー教授から、ニューノーマルのマーケティング論/社会的インパクト投資/ステークホルダー理論/パーパス経営/リーダーシップの経営心理学/マーケットデザインで読み解く起業マネジメント/ネットワーク効果で読み解くプラットフォーマー/デジタルトランスフォーメーション(DX)/AIと雇用の未来/AIとアルゴリズムの進化論/日本のイノベーション力/デジタルマーケティング/ミンツバーグ教授の資本主義論

【推薦の言葉】

■ 安田洋祐 氏(大阪大学大学院経済学研究科准教授)
「経営論を超えて生き方から資本主義の未来まで。知の巨人たちのビジョンは、不確実なこの世界を進むための羅針盤だ!」
■ 入山章栄 氏(早稲田大学大学院、早稲田大学ビジネススクール教授)
「まさにドリームチーム。ビジネスに示唆のある先端知見を持つ、最高の研究者をノンジャンルで集めた、世界を見渡しても他におそらく存在しない唯一無二の1冊」
■ 御立尚資 氏(ボストン コンサルティング グループ シニア・アドバイザー)
「経営者は経営の玄人だが、往々にして経営学は素人同然だ。経営学者のほとんどが経営の素人なのと変わらない。なので、日々の決断と理論とを結びつけることができれば、世にも稀な競争優位性ができあがる。本書の価値は、その結び付けの道しるべであることだと思う」
■ 野中郁次郎 氏(一橋大学名誉教授)
「世界一流の経営論の本質を俯瞰する物語が生き生きと織り込まれた。
自らの経営論をつくらんとする読者の絶好の指南書。」

目次

カート

カートに商品は入っていません。