ホーム > 商品詳細
書評掲載
丸善のおすすめ度

動物意識の誕生~生体システム理論と学習理論から解き明かす心の進化~<上>

シモーナ・ギンズバーグ, エヴァ・ヤブロンカ  著

鈴木 大地  翻訳
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,960(税込)         

発行年月 2021年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 10p,340p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/生命科学、医学、農学/生物学/動物学
ISBN 9784326154746
商品コード 1032999523
NDC分類 481.37
基本件名 神経生理学
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2021年06月3週
書評掲載誌 日本経済新聞 2021/07/17
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1032999523

著者紹介

シモーナ・ギンズバーグ(著者):シモーナ・ギンズバーグ(Simona Ginsburg)
イスラエル・オープン大学元准教授。専門は神経科学。
エヴァ・ヤブロンカ(著者):エヴァ・ヤブロンカ(Eva Jablonka)
テルアビブ大学教授。専門は生物学の哲学。共著書にEvolution in Four Dimensions. MIT Press, 2005 など。
鈴木 大地(翻訳):鈴木大地
筑波大学生命環境系助教、北海道大学人間知・脳・AI研究教育センター(CHAIN)客員研究員。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員(PD)などを経て、現職。訳書にファインバーグ&マラット『意識の進化的起源』(2017 年、勁草書房)、『意識の神秘を暴く』(2020 年、勁草書房)。

内容

名だたる学者たちが問い続けた「意識」という難問。神経生物学者と哲学者が手をとり、意識の進化研究を新たなステージへ押し上げる!

何があればその生物に「意識」があるといえるのか? 多くの研究者がこの「進化の目印」を求めている。神経機構か、感覚器官か。否。「学習」こそがカギだと喝破する著者二人は、脊椎動物、節足動物、頭足類をも射程に捉え、意識がカンブリア爆発と同時に進化したと推定する。動物意識の源流へと向かう緻密な探究をともに追随する体験!

目次

カート

カートに商品は入っていません。