ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

海に油が流れると…~海難、油流出事故対策と教訓について~(銀鈴叢書)

佐々木 邦昭  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 1週間  数量 冊 
価格 \3,300(税込)         

発行年月 2021年04月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 225p 図版10枚
大きさ 22cm
ジャンル 和書/理工学/環境科学・工学/環境科学・工学
ISBN 9784866181110
商品コード 1033199634
NDC分類 519.4
基本件名 石油汚染
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2021年06月3週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1033199634

内容

私は海上災害防止センターに昭和59年から21年間勤務し、海の油濁対応に数多く取り組んできた。平成17年に現役を引退した後も今日まで「海と渚環境美化・油濁対策機構」の専門家として、又はNPO法人「川の油濁防止技術研究会」の要員として要請のあった時、海と川の油濁現場に赴き漁業者等を支援する立場で活動してきた。
多くの場合現場は何時も混乱状態にあり、その中に入り対応を支援してきたと思っている。海洋の油濁事故対策は世界で既に半世紀の歴史があり、数多の類似事例を経験しているが、その割には今なお日本では専門家も記録書も少なく体制、法律、人材育成、資機材に改善の余地を多く残したままになっている。本書ではそのような視点から今一度「海に油が流出しいたらどの様に対処するのか」について包括的に検証してみたい。(はしがきより)



タンカーや一般船舶の油流出事故は、残念なことに、世界の海のあちこちで起きています。
対処方法も進歩はしていますが、まだまだ不充分なようです。
著者はお役所で、油流出事故への対応に当たるお仕事をされていました。
油が流れ着いた現場の様子を、詳しく伝えてくれています。
大変なご苦労をされたのです。
資料3,4の、著者の体験談は、貴重な記録です。
流出油との「戦」を、豊富な写真によって、眼前に見ることができます。(楠木しげお)

目次

カート

カートに商品は入っていません。