ホーム > 商品詳細
書評掲載
丸善のおすすめ度

あまりに人間的なウイルス~COVID-19の哲学~

ジャン=リュック・ナンシー  著

伊藤 潤一郎  翻訳
在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間  数量 冊 
価格 \2,420(税込)         

発行年月 2021年08月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 11p,129p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/生命科学、医学、農学/社会医学/医療統計・疫学
ISBN 9784326154784
商品コード 1033404254
NDC分類 498.6
基本件名 新型コロナウイルス感染症
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2021年09月1週
書評掲載誌 毎日新聞 2021/10/16、毎日新聞 2021/12/18
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1033404254

著者紹介

ジャン=リュック・ナンシー(著者):ジャン=リュック・ナンシー(Jean-Luc Nancy) 1940年、フランス・ボルドー生まれ。哲学者。ストラスブール・マルク・ブロック大学名誉教授。著書に、『無為の共同体─哲学を問い直す分有の思考』(1986年/邦訳、以文社、2001年)、『自由の経験』(1988年/未來社、2000年)、『限りある思考』(1990年/法政大学出版局、2011年)、『世界の創造あるいは世界化』(2002年/現代企画室、2003年)、『イメージの奥底で』(2003年/以文社、2006年)、『モーリス・ブランショ 政治的パッション』(2011年/水声社、2020年)など多数。
伊藤 潤一郎(翻訳):伊藤 潤一郎(いとう じゅんいちろう)1989年、千葉県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、日本学術振興会特別研究員PD。専攻は、フランス哲学、キリスト教思想。おもな論文に、「ジャン=リュック・ナンシーと人格主義」(『フランス哲学・思想研究』第22号)、翻訳に、ミカエル・フッセル『世界の終わりの後で─黙示録的理性批判』(共訳、法政大学出版局、2020年)、ジャン=リュック・ナンシー『アイデンティティ─断片、率直さ』(水声社、2021年)など。

内容

私たちを混乱に陥れているコロナパンデミックを生み出したのは私たち自身の活動だ。このあまりに人間的なウイルスについて問う。

グローバル化の産物であるコロナウイルスは、過剰なまでに相互接続された現在の技術・経済構造の脆さを明らかにし、私たちの生を土台のない状態へとひとしく直面させている。私たちは生の土台のなさをもとに、不確実性を分かち合う民主主義を思考し、私たちの人間性、権利、自由の意味を新たに発明していかなければならない。

目次

カート

カートに商品は入っていません。