ホーム > 商品詳細

書評掲載

ポルトガル、西の果てまで

福間 恵子  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 2週間  数量 冊 
価格 \2,640(税込)         

発行年月 2021年09月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 245p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/人文科学/地理学/地誌・紀行
ISBN 9784907986834
商品コード 1033671231
NDC分類 293.69
基本件名 ポルトガル-紀行・案内記
書評掲載誌 東京・中日新聞 2021/10/23
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1033671231

著者紹介

福間 恵子(著者):1953年、岡山県に生まれる。
書籍編集者を経て、1990年頃からエッセイを発表しはじめる。
2007年より、福間健二監督映画のプロデュースおよび配給・宣伝を担当し、その作品に、『岡山の娘』(2008)、『わたしたちの夏』(2011)、『あるいは佐々木ユキ』(2013)、『秋の理由』(2016)、『パラダイス・ロスト』(2020)がある。

内容

ポルトガルに通うようになって18年、13回の旅、滞在日数およそ220日。どうしてポルトガルなのか——。
城壁の村マルヴォアンで出会った恵さん。ヴィディゲイラで立ち寄ったパンとお菓子の祭り。リスボンの「ニコの食堂」では、タラのオリーブオイル焼きやワインに舌鼓を打つ。タブッキの『レクイエム』を想起しながら、フィルム・アーカイヴで観ることができた数々の映画……。
夫で詩人の映画監督、福間健二作品のプロデューサーとしても知られるエッセイストによる、魅惑のポルトガル紀行。

目次

カート

カートに商品は入っていません。