ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

子どもの精神科入院治療~子どもを養育するすべての人へ~

金井 剛, 中西 大介  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,640(税込)         

発行年月 2021年10月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 234p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/生命科学、医学、農学/小児科学/小児科学
ISBN 9784750352626
商品コード 1033736755
NDC分類 493.937
基本件名 児童精神医学
本の性格 実務向け
新刊案内掲載月 2021年11月4週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1033736755

著者紹介

金井 剛(著者):三重県立子ども心身発達医療センター長。児童精神科医。群馬県生まれ。1983年群馬大学医学部を卒業後、神奈川県立こども医療センター、横浜市立大学付属病院小児精神神経科等の勤務を経て、2001年より横浜市中央児童相談所に勤務。2014年に横浜市中央児童相談所長。2016年より三重県立小児心療センターあすなろ学園園長、2017年6月よりあすなろ学園の統合移転により現職。著書に『福祉現場で役立つ子どもと親の精神科』(明石書店)、『「特別企画」現場から考える愛着障害』『「特別企画」児童相談所は、いま』(いずれも編著、日本評論社)、『加害者臨床』(分担執筆、日本評論社)など多数。
中西 大介(著者):三重県立子ども心身発達医療センター副センター長。児童精神科医。京都府生まれ。2001年和歌山県立医科大学医学部医学科を卒業。京都府立医科大学精神医学教室、京都府立与謝の海病院精神科(現.京都府立医科大学附属北部医療センター)での研修後、2004年より三重県立小児心療センターあすなろ学園へ勤務。2012年島根県立こころの医療センター勤務を経て、翌2013年よりあすなろ学園へ。2017年6月より三重県立子ども心身発達医療センター児童精神科。2021年4月より現職。著書に『子どもの心の診療シリーズ7 子どもの攻撃性と破壊的行動障害』(共著、中山書店)、『臨床医のための小児精神医療入門』(共著、医学書院)など。

内容

精神科の入院治療において、どのように子供に関わり、社会で生きていくための力を身に付けさせていくのか。現場で実際に行われている治療を紹介しながら、医師のみならず、子どもを養育するすべての人にあるべき子どもとの向き合い方を解説。

目次

カート

カートに商品は入っていません。