ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

恥のきずな~新しい文献学のために~

カルロ・ギンズブルグ  著

上村忠男  編
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \6,380(税込)         

発行年月 2022年01月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 361p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/人文科学/哲学/概論・参考図書
ISBN 9784622090571
商品コード 1034144357
NDC分類 204
基本件名 歴史学
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2022年02月3週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1034144357

著者紹介

カルロ・ギンズブルグ(著者):(Carlo Ginzburg)
歴史家。1939年、イタリアのトリーノに生まれる。ピサ高等師範学校専修課程修了。ボローニャ大学・近世史講座教授、カリフォルニア大学ロスアンジェルス校教授を経て、ピサ高等師範学校教授。
上村忠男(編者):(うえむら・ただお)
1941年兵庫県尼崎市に生まれる。1968年、東京大学大学院社会学研究科(国際関係論)修士課程修了。東京外国語大学名誉教授。学問論・思想史専攻。

内容

インターネットが時間・空間の距離を消し、歴史的記憶は危機にある。最先端の検索システムも利用しながら、人生で蓄積した経験や知識をもって歴史の空無化にあらがうにはどうしたらよいか。本書は現在必要となる文献学をさし示す論考集である。
解決済みの問題を読み替える。細部にこだわり新発見に至る。熟慮の末に「偶然」を働かせる。遠く離れた事例の比較。行為当事者の(イーミック)次元と観察者の(エティック)次元が対話する時。
たとえばテーマになるのは、異端裁判の魔女とシベリアのシャーマンの記録に表れる「霊となって旅する」同型性である。著者がびっくり仰天した現ローマ教皇の「神はカトリックではない」発言。アウシュヴィッツから生還後、他者の犯した悪行に恥ずかしさを感じ苦しみ続けたプリモ・レーヴィ。
歴史をつくってきたのは人間だから、時代と文化がいかに異なっていても、記録資料を解読し、解釈し、翻訳することは可能である。ヨーロッパでこの基礎を築いたのは17世紀ナポリ生まれの哲学者ヴィーコだった。人類学と歴史学の対話はここから出発した。
歴史の厚みを取り戻すことによって、世界は現在と別の、もっと豊かなものになる。その複雑さを知ることが、世界を変革することに役立つだろう。

目次

カート

カートに商品は入っていません。