ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

鳥獣戯画研究の最前線(東京美術ピルグリム叢書)

土屋貴裕  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,300(税込)         

発行年月 2022年04月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 271p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/人文科学/芸術/彫刻・絵画
ISBN 9784808712280
商品コード 1034400034
NDC分類 721.2
基本件名 鳥獣人物戯画
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2022年06月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1034400034

著者紹介

土屋貴裕(著者):土屋貴裕(つちや・たかひろ)
東京文化財研究所を経て、東京国立博物館絵画・彫刻室長。「鳥獣戯画 京都高山寺の至宝」(2015年)、「春日大社 千年の至宝」(2017年)、「国宝 鳥獣戯画のすべて」(2021年)等の特別展を担当。主な編著・論文に「高山寺伝来文化財の研究」(『東京国立博物館紀要』51号、2016年)、『歌仙絵』展図録(東京国立博物館、2016年)、『室町時代のやまと絵』展図録(同、2017年)、高山寺監修・土屋貴裕編『高山寺の美術』(吉川弘文館、2020年)、土屋貴裕・三戸信惠監修・著、板倉聖哲著『もっと知りたい鳥獣戯画』(東京美術、2020年)など。

内容

みなに愛される人気作でありながら、制作者も主題もわからない謎多き絵巻、国宝「鳥獣人物戯画」。日本美術史の未来を担う第一線の若手研究者たちが、平成の大修理後の新知見を踏まえ、徹底解明に挑む!

目次

カート

カートに商品は入っていません。