ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

AIはすべてを変える

マーティン・フォード  著

松本 剛史  翻訳
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,750(税込)         

発行年月 2022年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 362p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/理工学/情報学/人工知能
ISBN 9784296113637
商品コード 1034548082
NDC分類 007.13
基本件名 人工知能
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2022年07月4週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1034548082

著者紹介

マーティン・フォード(著者):フューチャリスト
ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー『ロボットの脅威』著者。同書はフィナンシャル・タイムズ紙ベスト・ビジネス・ブック・オブ・ザ・イヤー受賞。シリコンバレーを拠点とするソフトウェア開発会社創業者。人工知能が社会に及ぼす影響に関するTED Talkは300万回以上閲覧されている。ニューヨーク・タイムズ紙、アトランティック誌、ワシントン・ポスト紙などに寄稿。カリフォルニア州サニーベールに居住。
松本 剛史(翻訳):翻訳家
1959年和歌山市生れ。東京大学文学部社会学科卒。メンジーズ『1421――中国が新大陸を発見した年』、フリーマントル『爆魔』『英雄』、クーンツ『ミスター・マーダー』など、訳書多数。

内容

AIは第二の電気になる! 本当の革命はこれからだ!
AIは「電気」のように社会にとって不可欠で当たり前の存在になる。だが、同時にディープフェイク、軍事利用など、危険な面も併せ持つ。人間はAIにどう対応すればよいのか? AIをめぐる誇張を排し、その真実に迫る。

■フィナンシャル・タイムズ紙の年間最優秀ベストビジネス書に選ばれるとともに、世界的な話題作となった『ロボットの脅威』(Rise of the Robots)の著者が放つ、人工知能(AI)と社会の未来予想図。AIの最新動向、それがもたらす社会・経済への変化を鋭く洞察する。

■著者は、人工知能分野のノーベル賞と言われる「チューリング賞」受賞ら、AI研究の最先端を担う研究者たちへの取材をもとに執筆。ディープラーニング、機械学習、強化学習、画像認識技術などのAIテクノロジーの発展と現状、さらに汎用人工知能、スーパーインテリジェンスの実現可能性(不可能性)について展望。経済全体、雇用、労働市場、所得格差への影響、ベーシックインカムなどのセーフティーネット、そしてサイバー攻撃、ディープフェイク、軍事利用についても取り上げる。

■AIを利用した医療診断、人間では到底不可能な分子生物学におけるブレークスルー――。2010年代にディープラーニングが登場して以来、人工知能(AI)は、かつてないスケーラビリティをもつ創造的破壊をもたらし、日々の生活から経済・社会のあらゆる場面で応用されるようになってきている。だが、その力は誇張されている。自動運転技術は進歩しても、自動運転が普及するのは相当先の将来だ。また、気候変動やパンデミックへの備えにとってもAIは重要な役割を果たし、社会や生活に大きく変えていくが、監視やフェイク情報の量産への利用などなど、ダークな面も併せ持つ。

■AIは社会の発展には不可欠な存在であり、その開発を進める必要がある。だが、同時に、社会のあらゆる場面で利用されるようになった今こそ健全な未来の社会を展望するために、AIが何をどう変えるのか、どのような問題をもたらすのかを理解し、AIの本当の影響力とは何かを見極める必要がある。

目次

カート

カートに商品は入っていません。