ホーム > 商品詳細
新刊
丸善のおすすめ度

東大病院をやめて埼玉で開業医になった僕が世界をめざしてAIスタートアップを立ち上げた話

多田 智裕  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \1,760(税込)         

発行年月 2024年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 221p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/理工学/機械工学/精密機器
ISBN 9784492224083
商品コード 1035119751
NDC分類 535.4
基本件名 AIメディカルサービス
個人件名 多田/智裕
本の性格 実務向け
新刊案内掲載月 2024年06月4週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1035119751

著者紹介

多田 智裕(著者):多田 智裕(タダ トモヒロ)
株式会社AIメディカルサービス代表取締役CEO、医療法人ただともひろ胃腸科肛門科理事長
1971年東京都生まれ。灘中学校・灘高等学校を経て、1996年東京大学医学部卒業、2005年東京大学大学院医学系研究科外科学専攻修了。虎の門病院、三楽病院、東京大学医学部附属病院、東葛辻仲病院などを経て、2006年埼玉県さいたま市の武蔵浦和メディカルセンター内に「ただともひろ胃腸科肛門科」を開業。2017年AIメディカルサービスを設立。2022年シリコンバレーとシンガポールに現地法人を設立。

内容

灘中灘高→東大医学部/東大大学院外科学専攻卒→東大病院勤務に挫折も→埼玉にて開業後→医療スタートアップ、AIメディカルサービス起業!
――「内視鏡AI」は、日本が世界をリードするAI医療技術。グローバルへのAIメディカルサービスの挑戦が、世界の医療界/メディアで大きな話題となっている。――

 埼玉にある「ただともひろ胃腸科肛門科」は、年間8000件近い内視鏡検査を行う、日本トップクラスの検査数を誇る内視鏡クリニックだ。多田は院長として、診療と内視鏡検査に明け暮れる日々を送ってきた。
 現在、内視鏡検査の画像をチェックするのは「ヒトの目」だ。そこでどうしても起こりうるのが「がんの見逃し」である。こうした現状に強い課題を感じてきた多田は、「AIが胃がんや大腸がんを早期発見する『内視鏡AI』」を発案。医療スタートアップを起業する。
 東京大学医学部卒としてはめずらしく、若くして地方で開業し、さらにはスタートアップという別世界に身を投じた。多田を駆り立ててきたのは、「目標力」「孤高力」などをはじめとした6つの行動哲学だ。
 さあ、自分の力を解き放とう! 今、そしてこれから世界を変えようとする人の背中を押す書。

目次

カート

カートに商品は入っていません。