ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

パレスチナ 特別増補版

ジョー・サッコ  著

小野耕世  翻訳
在庫状況 有り  僅少 お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,200(税込)         

発行年月 2023年01月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 285p
大きさ 26cm
ジャンル 和書/人文科学/芸術/彫刻・絵画
ISBN 9784910962009
商品コード 1035617770
NDC分類 726.1
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2023年02月3週
書評掲載誌 毎日新聞 2023/08/19
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1035617770

著者紹介

ジョー・サッコ(著者):1960年、マルタ島生まれ。オレゴン大学でジャーナリズムの学位を取得し、81年に卒業。91年から92年にかけて現地を取材した本書『パレスチナ』で96年にアメリカ図書賞を受賞。また、ボスニア紛争の体験をもとにした『安全地帯ゴラズデ』で2001年のウィル・アイズナー賞を受賞。〈コミック・ジャーナリズム〉という分野のパイオニアとなっている。最近の著作としてはボスニア紛争を題材にした『The Fixer』(2003年)『War’s End』(2005年)、アメリカ先住民族の痛ましい歴史を描いた『Paying the Land』(2020年)など。2019年にはガザ地区について書いた『Footnotes in Gaza』を刊行するなど、パレスチナへの関心は変わらず持ち続けている。
小野耕世(翻訳):1939年、東京生まれ。国際基督教大学卒業。アメリカのみならず、アジアやヨーロッパのコミックスの紹介や翻訳を行う第一人者として知られるほか、映画評論家としても活躍中。著書に『長編マンガの先駆者たち──田河水泡から手塚治虫まで』(岩波書店)、『世界コミックスの想像力──グラフィック・ノヴェルの冒険』(青土社)、『世界のアニメーション作家たち』(人文書院)、『アジアのマンガ』(大修館書店)など。訳書に大反響を呼んだアート・スピーゲルマン『マウス──アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語』完全版(パンローリング)、ロバート・クラム『フリッツ・ザ・キャット コンプリート』(復刊ドットコム)など。

内容

イスラエルによる不当な支配が半世紀以上も続く「パレスチナ」。そこに住む人々は日々、どんな思いで暮らしを続けているのか。思想家サイードが「これはまさしく、このうえなく独創的な、政治的かつ美的な作品」と絶賛したコミック・ジャーナリズムの金字塔が新たに30ページのカラー増補分を加えて、帰ってきた!!  著者ジョー・サッコが取材した当時の日記やメモ、漫画を描くための参考にした写真などを紹介しながら、取材時の恐怖、喜び、焦り、絶望などを赤裸々に披露する。ロシアによるウクライナ侵攻の陰で忘れられつつある「歴史の犠牲者たち」に改めて光を当てる、出色のノンフィクション。

目次

カート

カートに商品は入っていません。