ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

ウクライナ・ダイアリー~不屈の民の記録~

古川 英治  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \1,760(税込)         

発行年月 2023年08月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 299p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/社会科学/政治学/国際関係論
ISBN 9784041131350
商品コード 1035799647
NDC分類 319.386038
基本件名 ウクライナ-対外関係-ロシア
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2023年09月3週
書評掲載誌 産経新聞 2023/09/24
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1035799647

著者紹介

古川 英治(著者):ジャーナリスト。1993年、日経新聞入社。モスクワ特派員(2004~09年、15~19年)、国際部編集委員などを歴任。その間、オックスフォード大学大学院ロシア・東欧研究科修了。2021年に退社し、現在はキーウ在住。著書に『破壊戦』(角川新書)。

内容

第一章 恐怖の10日間 ―2022年冬  
「君はどうするの?」
ルビコン川
私は当事者だ
「負けると決めつけている」
「我々の土地だ」
ゴーストタウンのオアシス
妻の決断

第二章 独りぼっちの侵攻前夜 ―2021~22年冬
現実を直視しているのか?
頼りになる取材先
「2日で陥落」
「半分殺す」
「準備はできている」のか?
これが日本だったら
最後の晩餐

第三章 ブチャの衝撃 ―2022年春  
戦争と平和の間
君が正しかった
ジェノサイドの現場
恐怖ではなく怒り
ママとの再会
祝福は空襲警報
市民の抵抗疑わず
初めて団結した町
瓦礫の宮殿
地下の暮らし

第四章 私の記憶 ―2004~19年
広場を埋め尽くした市民
マイダンを死守した「コサックの伝統」
麻薬と冷笑主義
「反ロ記者」
「私たちを見捨てたのでは」
マリウポリの子供たち

第五章 コサックを探して ―2022年夏  
陽気な兵士
泣くほど美味いパン
農業という生き方
敵を笑い倒す
勝利への貢献
ウクライナのレモネード
ライフ・ボランティア・バランス
発起人は民間人
「ハッカー」と接触

第六章 民の記憶 ―2022年夏  
ママの生家
政治の話はタブー
生存者の証言
くたばるのを見るまで
かき消された歴史
最高のコーヒー
一晩で40発
ヴィバルディの響き
クールな市長

第七章 パラレルワールド ―2022年秋  
ウクライナと日本の距離
初めての楽観
歴史家の疑問
早く帰りたい

第八章 ネーションの目覚め ―2022~23年冬
真っ暗な街
地下室の恐怖
ヘルソン行きの車掌
最年少の閣僚
「日本より進んでいる」
「勝利の世代」
成長した「ハッカー」
二度目の記者会見
もう1つの戦い

あとがき

カート

カートに商品は入っていません。