ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

ことばの白地図を歩く~翻訳と魔法のあいだ~(あいだで考える)

奈倉 有里  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \1,540(税込)         

発行年月 2023年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 157p
大きさ 17cm
ジャンル 和書/人文科学/言語学/言語教育・教授法
ISBN 9784422930992
商品コード 1036026237
NDC分類 807
基本件名 外国語
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2023年07月3週
書評掲載誌 読売新聞 2023/09/17
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1036026237

著者紹介

奈倉 有里(著者):1982年東京都生まれ。ロシア文学研究者、翻訳者。ロシア国立ゴーリキー文学大学を日本人として初めて卒業。著書『夕暮れに夜明けの歌を』(イースト・プレス)で第32回紫式部文学賞受賞、『アレクサンドル・ブローク 詩学と生涯』(未知谷)などで第44回サントリー学芸賞受賞。訳書に『亜鉛の少年たち』(スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ著、岩波書店、日本翻訳家協会賞・翻訳特別賞受賞)『赤い十字』(サーシャ・フィリペンコ著、集英社)ほか多数。

内容

不確かな時代を共に生きていくために必要な
「自ら考える力」
「他者と対話する力」
「遠い世界を想像する力」
を養う多様な視点を提供する、
10代以上すべての人のための人文書のシリーズ。



『ことばの白地図を歩く――翻訳と魔法のあいだ』

ロシア文学の研究者であり翻訳者である著者が、自身の留学体験や文芸翻訳の実例をふまえながら、他言語に身をゆだねる魅力や迷いや醍醐味について語り届ける。「異文化」の概念を解きほぐしながら、読書体験という魔法を翻訳することの奥深さを、読者と一緒に“クエスト方式”で考える。読書の溢れんばかりの喜びに満ちた一冊。(装画:小林マキ)

目次

カート

カートに商品は入っていません。