ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

「働き手不足1100万人」の衝撃~2040年の日本が直面する危機と“希望”~

古屋星斗, リクルートワークス研究所  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間  数量 冊 
価格 \1,760(税込)         

発行年月 2024年01月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 269p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/労働経済・人口
ISBN 9784833425148
商品コード 1036552870
NDC分類 366.21
基本件名 労働力
本の性格 学術書/学生用
新刊案内掲載月 2024年03月2週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1036552870

著者紹介

古屋星斗(著者):古屋星斗(ふるや・しょうと) 
リクルートワークス研究所主任研究員
一橋大学大学院社会科学研究科を修了後、経済産業省入省。産業人材政策、福島復興、成長戦略立案などに携わる。2017年より現職。労働市場や次世代のキャリア形成研究を専門とする。著書に『ゆるい職場―若者の不安の知られざる理由』(中央公論新社)など。

中村星斗(なかむら・せいと) 
リクルートワークス研究所研究員・アナリスト

坂本貴志(さかもと・たかし) 
リクルートワークス研究所研究員・アナリスト

筒井健太郎(つつい・けんたろう) 
リクルートワークス研究所研究員
リクルートワークス研究所(著者):リクルートワークス研究所
1999年1月に設立された、株式会社リクルート内にある「人」と「組織」に関する研究機関。「一人ひとりが生き生きと働ける次世代社会の創造」を使命に掲げ、調査・研究などを実施する。

内容

2040年には働き手が1100万人足りなくなる―― 
テレビ、新聞、ネットで大反響の
衝撃の未来予測シミュレーション、待望の書籍化‼  

2040年には働き手が1100万人足りなくなる――。 

2023年3月にリクルートワークス研究所が発表した未来予測シミュレーションは、テレビ、新聞、ネットで数多く取り上げられ、大きな反響を呼んだ。

これまで「人手不足」は企業の雇用問題として報じられてきたが、これから起ころうとしている「人手不足」は、まったく様相が異なるという。

業種別にシミュレーション結果を見ると、2040年には
・介護サービス職で25・2% 
・ドライバー職で24・1% 
・建設職で22.0% 
の人手が足りなくなる。

そうすると何が起こるのか? 

宅配便の遅延が当たり前になり、ドライバー不足でコンビニやスーパーの商品の補充も毎日できなくなり、建設現場の人手不足で地方の生活道路が穴だらけになってしまう。注文したものの配送、ゴミの処理、災害からの復旧、道路の除雪、保育サービス、介護サービス……。
私たちは今、これまで当たり前に享受してきたあらゆる「生活維持サービス」の水準が低下し、消滅する危機に直面しているのである。

これから訪れる人手不足は「生活を維持するために必要な労働力を日本社会は供給できなくなるのではないか」という、生活者の問題としてわれわれの前に現れるのだ。

本書では、詳細なシミュレーションをもとに、今後われわれ日本人が直面する「労働供給制約」という不可避の社会課題を明らかにする。
もちろん、ただ危機を「座して待つ」だけではない。 これから確実に直面する働き手不足の問題を解消するための4つの打ち手も提案する。
いずれの打ち手も机上論ではなく、すでに地域や個人、企業が実践しているもので、すでに芽が出ている取り組みである。

世界ではじめて人類社会の新局面に直面する日本において、働き手不足がもたらすのは「危機」だけではない。
じつは労働供給制約は、私たちに新しい働き方をもたらし、
日本をまったく新しい豊かな社会に変えるための突破口になるかもしれない。
労働市場の研究者である著者が、「危機の時代」を「希望の時代」にするために筆を執った衝撃の未来予測。

目次

カート

カートに商品は入っていません。