KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



新刊 書評掲載
丸善のおすすめ度

チャイナ・イノベーション<2> 中国のデジタル強国戦略

李 智慧  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \2,420(税込)         
発行年月 2021年02月
出版社/提供元
日経BP社
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 322p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/各国の経済事情・経済史
ISBN 9784296000104
商品コード 1032810889
NDC分類 332.22
基本件名 中国-経済
本の性格 実務向け
新刊案内掲載月 2021年04月1週
書評掲載誌 日本経済新聞 2021/04/17
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1032810889

著者紹介

李 智慧(著者):野村総合研究所上級コンサルタント。中国福建省出身。中国華東師範大学卒業、商社勤務の後、神戸大学大学院経済学研究科国際経済専攻博士前期課程修了。大手通信会社を経て2002年に野村総合研究所に入社。中国フィンテック・ウォッチャーの第一人者。専門はデジタルエコノミー、メガテックのビジネスモデルと戦略など。著書に『チャイナ・イノベーション    データを制する者が世界を制する』(日経BP)。

内容

政府とアリババ、テンセントといった民間プラットフォーマーによる官民一体の「デジタル・社会ガバナンス」によってコロナ禍をいち早く乗り切った中国では、GDPが2020年にプラスに転じると同時に、急速に社会のデジタル実装が進展している。
デジタル人民元、デジタル消費券、健康コード、アント・グループ、ファーウェイ、バイトダンス――「コロナ後」に突き進むイノベーション駆動型国家の実像を第一人者が描く。

「いち早くコロナを抑え込んで経済成長がプラスに転じた中国は同年11月、「第14次5カ年計画と2035年までの長期目標」を発表した。この計画には『製造強国』『品質強国』『デジタル中国』といったキーワードが並び、『デジタル中国』建設を国家戦略として位置づける意欲的な内容が盛り込まれていた。」(本書「はじめに」から)

はじめに
第1章 デジタル経済が加速する「コロナ後」の中国
第2章 デジタル強国戦略の形成と発展
第3章 Tech or Fin ――岐路に立つアント・グループ
第4章 巨大プラットフォーマーの次の一手
第5章 米中対立で翻弄される華為技術(ファーウェイ)
第6章 バイトダンス(北京字節跳動科技)――破竹の勢いで成長する新星
第7章 デジタル人民元と未来の通貨競争
終章 中国とどう向き合っていくか?

目次