KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



丸善のおすすめ度

新基礎情報学~機械をこえる生命~

西垣通  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \2,750(税込)         
発行年月 2021年06月
出版社/提供元
NTT出版
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 235p,9p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/理工学/情報学/情報学一般・その他
ISBN 9784757103993
商品コード 1033316275
NDC分類 007
基本件名 情報科学
本の性格 テキスト
新刊案内掲載月 2021年07月2週
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1033316275

著者紹介

西垣通(著者):1948年生まれ。東京大学工学部計数工学科卒業。工学博士。日立製作所、スタンフォード大学にてコンピュータ・システムの研究開発に携わったのち、明治大学教授、東京大学大学院情報学環教授、東京経済大学コミュニケーション学部教授を歴任。東京大学名誉教授。専攻は、情報学・メディア論。主な著作に、『AI―人工知能のコンセプト』(講談社現代新書、1988年)、『デジタル・ナルシス―情報科学パイオニアたちの欲望』(岩波現代文庫、サントリー学芸賞、1991年)、『思想としてのパソコン』(編著、NTT出版、1997年)、『基礎情報学―生命から社会へ』(NTT出版、2004年)、『続 基礎情報学―「生命的組織」のために』(NTT出版、2008年)、『生命と機械をつなぐ知―基礎情報学入門』(高陵社書店、2012年)、『ビッグデータと人工知能―可能性と罠を見極める』(中公新書、2016年)、『AI原論―神の支配と人間の自由』(講談社選書メチエ、2018年)、『AI倫理―人工知能は「責任」をとれるのか』(河島茂生との共著、中公新書ラクレ、2019年)など。

内容

反ホモ・デウスのために―トランス・ヒューマニズムとデータ至上主義の誤謬を証し、ディストピアを回避する方途を理論的に探る、〈基礎情報学〉の決定版。多様な人間/生命が息づく未来に向け西垣情報学理論の集大成。

目次