KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



新刊
丸善のおすすめ度

【知的財産と国際私法 第3版】

Intellectual Property and Private International Law 3rd ed.(Oxford Private International Law Series) hardcover 1096 p. 24

Torremans, Paul L. C.  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 2週間 
価格 特価  \77,715(税込)         
発行年月 2024年02月
出版社/提供元
Oxford University Press
出版国 イギリス
言語 英語
媒体 冊子
装丁 hardcover
ページ数/巻数 1096 p.
ジャンル 洋書/社会科学/法学/知的財産法
ISBN 9780198853312
商品コード 1036587770
国件名
EU
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2023年11月
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1036587770

著者紹介

Torremans, Paul L. C.(著者):University of Nottingham, UK

内容

知的財産と国際私法という分野は急速に発展していますが、この二つの法分野は複雑に絡み合っているため、実務家や研究者にとっては扱いが難しい場合があります。本書は、コモン・ローや欧州連合、国際的な視点から、この二つの分野の関係から生じる問題を包括的に分析し、主要な概念について解説しています。
 初版から高い評価を得ている本書は、知的財産権紛争において管轄権を確立する方法、適用される法律をどのように特定するか、また外国判決の承認と執行を確保する方法について検証しています。この新版には、過去12年間に見られた多数の法的発展や、場合によって重要な法改正を網羅しています。また、デジタル単一市場における著作権指令に対する義務的免除の導入に関する国際私法的側面を扱います。例えば、ブリュッセル第一規則第 7.2 条に関する欧州連合司法裁判所の新しい判例法や、欧州連合の知的財産権に対するその異なるアプローチについて論じ、また英国の欧州連合離脱の影響を解明するだけでなく、単一効果を有する欧州特許と統一特許裁判所の導入によって生じる特許法の根本的な変化を含む、最近の EU 指令と国内判例法をカバーしています。

目次