KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

ヒトの言葉機械の言葉~「人工知能と話す」以前の言語学~(角川新書 K-339)

川添 愛  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 2週間 
価格 \990(税込)         
発行年月 2020年11月
出版社/提供元
KADOKAWA
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 254p
大きさ 18cm
ジャンル 和書/理工学/情報学/情報システム・ソフトウェア
ISBN 9784040823485
商品コード 1032402829
NDC分類 007.636
基本件名 言語情報処理
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2020年12月3週
書評掲載誌 日本経済新聞 2021/09/25、日本経済新聞 2024/01/13
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1032402829

著者紹介

川添 愛(著者):九州大学文学部、同大学院ほかにて言語学を専攻し、博士号を取得。津田塾大学女性研究者支援センター特任准教授、国立情報学研究所社会共有知研究センター特任准教授などを経て、言語学や情報科学をテーマに著作活動を行っている。
著書に『聖者のかけら』『数の女王』『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』『白と黒のとびら』などがある。

内容

AIが発達しつつあるいま、改めて「言葉とは何か」を問い直す――

AIと普通に話せる日はくるか。
人工知能と向き合う前に心がけるべきことは。
そもそも私たちは「言葉の意味とは何か」を理解しているか。

理論言語学出身の気鋭の作家が、言葉の「不思議」と「未解決の謎」に迫る

(目次)
第一章 機械の言葉の現状
第二章 言葉の意味とは何なのか
第三章 文法と言語習得に関する謎
第四章 コミュニケーションを可能にするもの
第五章 機械の言葉とどう向き合うか

目次