KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

いま言葉で息をするために~ウイルス時代の人文知~

西山 雄二  編
在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間 
価格 \3,850(税込)         
発行年月 2021年08月
出版社/提供元
勁草書房
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 25p,306p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/生命科学、医学、農学/社会医学/医療統計・疫学
ISBN 9784326154807
商品コード 1033495641
NDC分類 498.6
基本件名 新型コロナウイルス感染症
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2021年10月1週
書評掲載誌 毎日新聞 2021/10/16
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1033495641

著者紹介

西山 雄二(編者):西山 雄二(にしやま ゆうじ) 1971年生。東京都立大学教授。専門は現代フランス思想。著書に『哲学への権利』(勁草書房、2011年)など。編著に『終わりなきデリダ』(法政大学出版局、2016年)、『カタストロフィと人文学』(勁草書房、2014年)、『人文学と制度』(未來社、2013年)など。訳書にジャック・デリダ『獣と主権者』(全二巻、共訳、白水社、2014-16年)、『哲学への権利』(全二巻、共訳、みすず書房、2014-15年)、『条件なき大学』(月曜社、2008年)、ミカエル・フッセル『世界の終わりの後で――黙示録的理性批判』(法政大学出版局、2020年)など。

内容

哲学・文学・歴史・人類学・宗教の観点からコロナ禍をどう考えられるのか。人文学者たちによるコロナ時代の証言と提言。

執筆者:カトリーヌ・マラブー/ジャン=リュック・ナンシー/キャサリン・ヘイルズ/アレクサンダー=ガルシア・デュットマン/エマヌエーレ・コッチャ/ペーター・サンディ/ミシェル・ドゥギー/オーレリー・パリュ/トマス・シュタングル/ブルース・キャンベル/ジャン=ルイ・シュレーゲル/フレデリック・ケック。訳者解題付。

目次