KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

甘いバナナの苦い現実

石井正子  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \2,750(税込)         
発行年月 2020年08月
出版社/提供元
コモンズ
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 385p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/生命科学、医学、農学/農学/園芸・造園
ISBN 9784861871672
商品コード 1032009303
NDC分類 625.81
基本件名 バナナ
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2020年10月2週
書評掲載誌 朝日新聞 2020/11/28
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1032009303

著者紹介

石井正子(著者):立教大学異文化コミュニケーション学部教授。専門:フィリピン研究、紛争研究。主著=『女性が語るフィリピンのムスリム社会――紛争・開発・社会的変容』(明石書店、 2002年)。共著=『現場<フィールド>からの平和構築論』(勁草書房、2013年)、『地域・草の根から生まれる平和』(早稲田大学出版部、 2015年)。

内容

名著『バナナと日本人』から約40年。バナナを通して世界と日本を見つめ直す。日本人がもっとも多く食べている果物バナナはなぜ安いのか?主な輸入先のフィリピン・ミンダナオ島では農薬の空中散布による健康被害や不公正な多国籍企業の活動が目立つ。栽培・流通の知られざる現状を詳細に調査し、エシカルな消費の在り方を問いかける。

目次