KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

哀愁1964年東京五輪三つの物語~マラソン、柔道、体操で交錯した人間ドラマとその後~

別府育郎  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \1,760(税込)         
発行年月 2021年06月
出版社/提供元
ベースボールマガジン社
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 166p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/社会科学/スポーツ・健康科学/スポーツ・健康科学
ISBN 9784583113807
商品コード 1033444869
NDC分類 780.69
基本件名 オリンピック
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2021年07月4週
書評掲載誌 産経新聞 2021/07/18
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1033444869

著者紹介

別府育郎(著者):昭和33年、東京都出身。中央大学文学部卒業後、産経新聞社入社。夕刊フジ、東西社会部を経て、夕刊フジ運動部長、産経新聞社会部長、夕刊フジ編集局長、論説副委員長、特別記者。著書に『熾火 田辺清とエディが紡いだボクシングの絆』(ベースボール・マガジン社刊)、共著に『ブランドはなぜ堕ちたか 雪印、そごう、三菱自動車事件の真相』『誰か僕を止めてください 少年事件の病理』(いずれも角川書店刊)などがある。

内容

1964年、終戦の混乱からわずか19年の東京で開催されたオリンピックは、戦後日本の青春といえた。だが光がまばゆいほど、その影は色濃く、青春であるからこそ時に儚く、時にほろ苦い。そして深い哀しみや愁いの先にも、温かな物語や希望はあった。

目次