KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

ブルシット・ジョブ~クソどうでもいい仕事の理論~

デヴィッド・グレーバー  著

酒井 隆史, 芳賀 達彦, 森田 和樹  翻訳
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \4,070(税込)         
発行年月 2020年07月
出版社/提供元
岩波書店
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 7p,426p,7p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/労働経済・人口
ISBN 9784000614139
商品コード 1031808592
NDC分類 366
基本件名 労働
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2020年09月2週
書評掲載誌 東京・中日新聞 2020/08/30、毎日新聞 2020/09/12、朝日新聞 2020/10/31、毎日新聞 2020/12/12、朝日新聞 2020/12/26、日本経済新聞 2020/12/26
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031808592

内容

やりがいを感じないまま働く。ムダで無意味な仕事が増えていく。人の役に立つ仕事だけど給料が低い——それはすべてブルシット・ジョブ(ルビ:クソどうでもいい仕事)のせいだった! 職場にひそむ精神的暴力や封建制・労働信仰を分析し、ブルシット・ジョブ蔓延のメカニズムを解明。仕事の「価値」を再考し、週一五時間労働の道筋をつける。『負債論』の著者による解放の書。

目次