KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

ジェンダー格差~実証経済学は何を語るか~(中公新書 2768)

牧野百恵  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間 
価格 \990(税込)         
発行年月 2023年08月
出版社/提供元
中央公論新社
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 4p,230p
大きさ 18cm
ジャンル 和書/社会科学/社会学/家族・世代
ISBN 9784121027689
商品コード 1036427031
NDC分類 367.1
基本件名 女性問題
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2023年09月4週
書評掲載誌 日本経済新聞 2023/10/28、朝日新聞 2023/11/25、毎日新聞 2023/12/16
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1036427031

著者紹介

牧野百恵(著者):牧野百恵
1975年愛知県生まれ.99年東京大学法学部卒業,2002年タフツ大学フレッチャースクール国際関係修士課程修了,同年アジア経済研究所入所.11年ワシントン大学経済学部博士課程修了,Ph.D.(経済学).在ニューヨーク,ポピュレーション・カウンシル客員研究員を経て現在、アジア経済研究所開発研究センター主任研究員.専攻/開発ミクロ経済学,人口経済学,家族の経済学.共著に 『コロナ禍の途上国と世界の変容』(日経BP / 日本経済新聞出版,2021年).

内容

歴史・文化・社会的に形成される男女の差異=ジェンダー。その差別は近年強い批判の対象だ。本書は、実証経済学の研究から就業、教育、政治、解消後の可能性について、国際的視点から描く。議員の女性枠導入=クオータ制が、質の低下より無能な男性議員排除に繋がる、女性への規範が弱い国ほど高学歴女性が出産するエビデンスなどを提示。旧来の慣習や制度について考える。