KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



解析学要論(1) 微分方程式とラプラス変換 

山本 稔  編
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \2,640(税込)         
発行年月 1989年04月
出版社/提供元
裳華房
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 209p
大きさ 2215
ジャンル 和書
ISBN 9784785310561
商品コード 0193048484
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=0193048484

内容

 大学2、3年の理工系学生を対象とした解析学の教科書・参考書である。
 第I巻は常微分方程式の解法を解説したものである。他の類書と異なり、ラプラス変換についての1章を設けた。これは、微分演算子による解法の続きとして、形式的解法としてのラプラス変換を学んだ方が良いからである。
 姉妹書に複素解析とフーリエ解析について解説した『解析学要論(II)』がある。

目次

著者紹介

山本 稔(編者):元大阪大学教授、理学博士。大阪大学大学院理学研究科修士課程修了。大阪大学教授などを歴任。主な著書・訳書に『複素解析へのアプローチ』(裳華房)、『常微分方程式の安定性』(実教出版)、『微分方程式とフーリエ解析』(学術図書)、『リヤプノフの方法による安定性理論』(翻訳、産業図書)などがある。