KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



丸善のおすすめ度

脱ニッポン富国論~「人材フライト」が日本を救う~(文春新書 951)

山田 順  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 2週間 
価格 \814(税込)         
発行年月 2013年12月
出版社/提供元
文藝春秋
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 253p
大きさ 18cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/労働経済・人口
ISBN 9784166609512
商品コード 1014565570
NDC分類 334.51
基本件名 日本人(アジア在留)
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2014年02月1週
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1014565570

内容

彼らは、なぜ日本を見限ったのか?――現在、日本人の海外移住者は118万人に上る。中でも急増中なのがミャンマー、マレーシア、シンガポールといった新興アジア。富裕層はもちろん、中小企業経営者、金融専門家、IT起業家、学生など多くの日本人が移住している。著者が、かつて描いた「資産フライト」は第二ステージ「人材フライト」を迎えているのである。例えば、年収1億円の人がシンガポールに移ると日本との税金の差額は、2540万円とか。あるいは日本人の不動産投資が盛んなマレーシアには住民税・相続税がない。こういった節税、投資、起業に有利なことは知られているが、グローバル教育のレベルが高い現地校へ母子留学とか、富裕層の暮らしやすい住環境をはじめとする生活のクォリティ等、「新移民」たちの目的は様々。これらのカネ・モノ・ヒトの流出の実態を描きながら、彼らの稼いだ在外マネーを日本に還流する方法を提起する。

著者紹介

山田 順(著者):1952年神奈川県生まれ。立教大学文学部卒業。ジャーナリストとして取材・執筆活動をしながら、紙書籍と電子書籍の両方のプロデュースを手掛ける。著書に「出版大崩壊」など。