KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

アフリカ音楽の正体

塚田 健一  著

在庫状況 なし  お届け予定日 10日間 
価格 \2,640(税込)         
発行年月 2016年05月
出版社/提供元
音楽之友社
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 245p,17p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/人文科学/芸術/音楽
ISBN 9784276135703
商品コード 1020281914
NDC分類 762.4
基本件名 音楽-アフリカ
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2016年07月1週
書評掲載誌 産経新聞 2016/07/03、日本経済新聞 2016/08/07、読売新聞 2016/08/21
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1020281914

内容

坂本龍一氏推薦!「20世紀以降のジャズやロックを含む全てのポピュラー音楽は、アフリカ音楽の影響を受けている、あるいはそれ以上に基底にはアフリカ音楽があると言っても過言ではない。(中略)あの広大でたくさんの部族が暮らしているアフリカに、ある共通するリズムパターンがある不思議。西洋とは異なるハーモニー感覚がなぜ生じるのか、人類がもつ言葉と音楽の関係の根源に対する考えを促すような音楽と言葉との関係など、アフリカ音楽には尽きない魅力が満載である。ぜひこの本を手にとってその魅力に触れてほしい。」「理論編」では、アフリカ伝統音楽の構造を、リズム、ハーモニー、旋律、太鼓、子供の遊びなどを取り上げて解き明かす。「実践編」のアフリカの太鼓合奏実技は、音楽の授業教材としても最適。アフリカ音楽に興味を持つすべての人に贈る入門書。『教育音楽―中学・高校版』(1996~97)連載を大幅に加筆修正。

目次

著者紹介

塚田 健一(著者):ベルファスト・クイーンズ大学大学院社会人類学科博士課程修了。広島市立大学名誉教授。民族音楽学・文化人類学専攻。「アフリカ音楽学の挑戦」で田邊尚雄賞受賞。