KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

あなたの会社が理不尽な理由~経営学者の読み方~

清水 勝彦  著

在庫状況 有り  僅少 お届け予定日 3~4日 
価格 \1,980(税込)         
発行年月 2016年05月
出版社/提供元
日経BP社
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 469p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/経済学説・経済思想
ISBN 9784822279462
商品コード 1020726205
NDC分類 336
基本件名 経営管理
本の性格 実務向け
新刊案内掲載月 2016年06月4週
書評掲載誌 日本経済新聞 2016/07/03
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1020726205

内容

16本の「論文」と51冊の「本」をビジネススクール教授と読んで「気づく力」を鍛える「うちの会社の会議では、何億円もの失敗や投資より、お茶菓子代やタクシー代の議論に時間をかけるのはなぜだろう?」「うちの上司は部下に言うことと自分でやっていることが全然違う。なんて理不尽な会社なんだ」――。経済合理性を追及するはずの会社で、このような理不尽なことが起きるのはなぜでしょうか?この疑問に、ビジネス書から小説まで幅広いジャンルの書籍と、経営学の必読論文を取り上げ、経営学者の視点で分かりやすくこたえていくのが本書です。本書では、誰もが手に取ったことのある本や、MBAの学生なら誰もが読む論文を取り上げていますが、単なる読書案内や論文解説ではありません。例えば小説を経営学者の視点で読み、現実の経営課題に役立つヒントを探っていきます。本書で著者が指摘するのは、経営課題を前に、何か「よさそうな答え」を求めようとする発想が、かえって組織の停滞を招いているということです。「MBAは役に立つのか?」「経営学は実際の経営に本当に役立つのか?」という問いかけにも、こういった「答え」を求める発想が根底にあると言います。企業をはじめとした組織が先へ進み、成長し続けるためには、「答え」より先に、現実の課題をきちんと認識することが重要で、言い換えれば「へんだぞ」に気づく「視点」を持つことがイノベーションの根源だと、筆者は強調します。経営学の視点で本を読み、目の前にある仕事の課題を見つめ直す訓練をすることで、これまで見えなかった経営の「気づき」が得られます。本書は、組織のリーダーはじめ、ビジネスパーソン全般にとって、課題解決のために必要な「気づく力」を鍛えるための必読書です。

目次

著者紹介

清水 勝彦(著者):テキサスA&M大学経営学博士(Ph.D.)。慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授。専門は経営戦略立案・実行とそれに伴う意思決定、M&A、戦略評価と組織学習。著書に「戦略の原点」他。