KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

日朝関係史

関 周一  編
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \3,780(税込)         
発行年月 2017年02月
出版社/提供元
吉川弘文館
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 11p,386p,15p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/人文科学/歴史学/日本史
ISBN 9784642083089
商品コード 1023710877
NDC分類 210.1821
基本件名 日本-対外関係-朝鮮-歴史
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2017年03月3週
書評掲載誌 東京・中日新聞 2017/04/02
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1023710877

内容

活発な通交・貿易、そして戦争と断絶…。古来、日本列島と朝鮮半島は、国境を史的境界としない多様・多元的な移動や交流があり、王権・国家のあり方や対外関係に大きな影響を与えてきた。律令国家群の形成と展開、秀吉の「唐入り」、日韓国交正常化交渉など、双方の関係を東アジア内の広範な交流にも触れつつ解明。広域史の視点から見つめ直す。

目次

著者紹介

関 周一(編者):1963年茨城県生まれ。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学。博士(文学)。宮崎大学教育学部准教授。著書に「中世の唐物と伝来技術」など。