KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

なぜ日本企業は勝てなくなったのか~個を活かす「分化」の組織論~(新潮選書)

太田 肇  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \1,320(税込)         
発行年月 2017年03月
出版社/提供元
新潮社
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 219p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/社会科学/経営学/各国の経営事情・経営史
ISBN 9784106037986
商品コード 1024128259
NDC分類 335.21
基本件名 企業-日本
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2017年04月5週
書評掲載誌 朝日新聞 2017/05/30
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1024128259

内容

さらば、集団主義! 企業を再生させる新しい働き方とは? 会社が危機の時、全社一丸になろうとしてはいないか? かつて利点だった日本企業の「まとまる力」が、いま社員一人一人の能力を引き出すことの大きな妨げとなり、組織を不活性化させている。必要なのは、まず組織や集団から個人を「引き離すこと」なのだ。働き方をドラスティックに変え、個の力を充分に活かすための大胆な提案。

著者紹介

太田 肇(著者):1954年兵庫県生まれ。神戸大学大学院経営学研究科修了。同志社大学政策学部教授。経済学博士。専門は個人を尊重する組織の研究。著書に「個人を幸福にしない日本の組織」など。