KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

ユニクロ潜入一年

横田 増生  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \1,650(税込)         
発行年月 2017年10月
出版社/提供元
文藝春秋
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 309p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/社会科学/経営学/マーケティング・商業
ISBN 9784163907246
商品コード 1025464490
NDC分類 673.78
基本件名 ファーストリテイリング
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2017年12月1週
書評掲載誌 朝日新聞 2017/11/04
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1025464490

内容

ワンマン経営に疲弊する現場を克明に描く潜入ルポルタージュの傑作!

サービス残業、人手不足、パワハラ、無理なシフト、出勤調整で人件費抑制――。
「(批判する人は)うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたい」
そんな柳井正社長の言葉に応じ、ジャーナリストはユニクロの店舗への潜入取材を決意。妻と離婚し、再婚して、姓を妻のものに変え、面接に臨んだ――。

「週刊文春」誌上で大反響を呼んだ「ユニクロ潜入ルポ」をもとに、一年にわたる潜入取材の全貌を書き下ろした。読む者をまさにユニクロ店舗のバックヤードへと誘うかのような現場感に溢れたルポルタージュである。気鋭のジャーナリストが強い意志をもち、取材に時間をかけ、原稿に推敲を重ねた読み応えのあるノンフィクション作品が誕生した。

序 章 突きつけられた解雇通知
第一章 柳井正社長からの〝招待状
第二章 潜入取材のはじまり
イオンモール幕張新都心店①(二〇一五年十月~十一月)
第三章 現場からの悲鳴
イオンモール幕張新都心店②(二〇一五年十二月~二〇一六年五月)
第四章 会社は誰のものか
ららぽーと豊洲店(二〇一六年六月~八月)
第五章 ユニクロ下請け工場に潜入した香港NGO
第六章 カンボジア〝ブラック告発〟現地取材
第七章 ビックロブルース
ビックロ新宿東口店(二〇一六年十月~十二月)
終 章 柳井正社長への〝潜入の勧め〟

著者紹介

横田 増生(著者):1965年福岡県生まれ。アイオワ大学ジャーナリズムスクールで修士号。物流業界紙『輸送経済』記者、編集長を経て、フリーランスに。著書に「ユニクロ帝国の光と影」など。