KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

江副浩正

馬場 マコト, 土屋 洋  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \2,420(税込)         
発行年月 2017年12月
出版社/提供元
日経BP社
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 493p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/人文科学/哲学/概論・参考図書
ISBN 9784822258689
商品コード 1026419337
NDC分類 289.1
個人件名 江副/浩正
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2018年02月1週
書評掲載誌 朝日新聞 2018/02/04
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1026419337

内容

自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよなぜ彼にだけ見えたのか。なぜ彼にだけできたのか。そして、なぜ彼は裁かれたのか。稀代の起業家「江副浩正の仕事と生涯」正伝江副浩正の名は、一般にはリクルート事件と併せて語られることが多い。それだけ人々の記憶に深く、あの事件のことが刻まれているということだろう。だが、この鮮烈な記憶が、起業家としての江副浩正の実像を覆い隠し続けてきた。いまだに強烈な逆光によって江副浩正の正体は眩まされ、かつてはメディアが「東大が生んだ戦後最大の起業家」「民間のあばれ馬」と書き立て、いまだに孫正義など多くの実業家から先覚者として称えられる江副の、本当の凄みを理解する者は数少ない。 1989年、リクルート事件で江副は会長職を退任する。その3年後にはリクルート株を売却、完全にリクルートを離れた。それ以来、裁判報道を例外として、江副の名前はマスコミから消えた。2013年2月8日享年76歳で亡くなるその日まで、江副が何を考えどう生きたのか、それを知る人はほとんどいない。実は、彼はその死の日まで、事業での再びの成功を願いもがいていた。新たな目標を定め、組織をつくり、果敢に挑んでいたのである。起業家の血はたぎり続けていたのだ。その、江副浩正の実像を明らかにすることが本書の目的である。彼だけが見ていた世界、目指したもの、そこに挑む彼の思考と行動。その中に、私たちを鼓舞し、思考と行動に駆り立てる何かが準備されていると信じるからである。【江副浩正を信奉する人、薫陶を受けた人】孫正義、大前研一、澤田秀雄、堀江貴文、井上高志、宇野康秀、江幡哲也、小笹芳央、鎌田和彦、島田亨、島田雅文、杉本哲哉、須藤憲司、経沢香保子、廣岡哲也、船津康次、村井満、安川秀俊、安田佳生、藤田晋、藤原和博、渡瀬ひろみ など

目次

著者紹介

馬場 マコト(著者):1947年石川県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。広告企画会社主宰。国内外広告賞を多数受賞。
土屋 洋(著者):1946年大阪府生まれ。大阪大学文学部卒。リクルート定年退職。著書に「採用の実務」など。