KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



丸善のおすすめ度

誰がテレビを殺すのか(角川新書 K-210)

夏野 剛  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 2週間 
価格 \902(税込)         
発行年月 2018年05月
出版社/提供元
KADOKAWA
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 209p
大きさ 18cm
ジャンル 和書/社会科学/経営学/マーケティング・商業
ISBN 9784040822051
商品コード 1027370132
NDC分類 699.8
基本件名 テレビ放送
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2018年06月3週
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1027370132

著者紹介

夏野 剛(著者):ペンシルバニア大学経営大学院卒業。慶應義塾大学大学院特別招聘教授。ドワンゴ、セガサミーホールディングス等の複数の取締役を兼任。著書に「iモード・ストラテジー」など。

内容

ネットがここまで普及した今、テレビの存在感が年々薄れていることは誰もが認めるところです。しかしながら、まだまだテレビの影響力は衰えていないのも事実です。ただし、テレビ自身が変わっていくことを怠れば、この先間違いなく「殺されていく」でしょう。私が今、テレビ局の経営者になることがあったら、どんな改革に着手するだろうか……。そんな発想に立ちながら、現在のテレビ業界の抱えている問題やそれらをクリアするための方策、そして未来について語っていけたらと思います。本当にテレビは殺されてしまうのか。それとも生き残りに成功し、これからも視聴者を楽しませてくれるのか。読者の皆さんも、これから先のテレビの運命がどちらに向かっていくのか考えていただきつつ、読み進めていただければ幸いです。(「はじめに」より)

目次