KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

21世紀の戦争と平和~徴兵制はなぜ再び必要とされているのか~

三浦 瑠麗  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \1,836(税込)         
発行年月 2019年01月
出版社/提供元
新潮社
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 315p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/社会科学/政治学/現代政治・行政学
ISBN 9784103522515
商品コード 1029337019
NDC分類 393.25
基本件名 兵役
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2019年02月5週
書評掲載誌 日本経済新聞 2019/03/23、読売新聞 2019/03/24
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1029337019

内容

「逆説の平和主義」を注目の国際政治学者が読み解く。日本の安保法制施行、フランスの兵役復活論、スウェーデンの徴兵制再開……これらの動きは、軍国主義への回帰ではない。ポピュリズムが台頭する中で、国民の間に負担共有の精神を甦らせ、戦争を抑止するための試みである。カントの『永遠平和のために』を下敷きに、徴兵制の存在意義を問い直し、平和主義の強化を提言する。

著者紹介

三浦 瑠麗(著者):1980年神奈川県生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科修了。同大学政策ビジョン研究センター講師。国際政治学者。著書に「シビリアンの戦争」など。