KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



eBook

児童虐待の社会福祉学~なぜ児童相談所が親子を引き離すのか~(電子版/PDF)

篠原 拓也  著

   
価格 \1,980(税込)         
発行年月 2019年10月
出版社/提供元
大学教育出版
言語 日本語
媒体 EBOOK
ファイル形式 PDF
ページ数/巻数 10p,186p
ジャンル 和書/社会科学/社会保障・社会福祉・社会政策 /社会保障・社会福祉・社会政策
ISBN 9784866926902
商品コード 1031463093
NDC分類 369.43
新刊案内掲載月 2019年12月1週
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031463093

内容

児童虐待が疑われるケースでは、親と児童相談所がしばしば対立する。対立は両者が疲弊するばかりでなく、児童の最善の利益の観点からも問題である。そのような状況をもたらす仕組みについて社会福祉学の立場から考察する。


【eBookご利用の注意点】この商品をご利用するには、ソフトウェア「CypherGuared PDF」が必要です。eBookご利用案内からダウンロードしてインストールを行い、サンプルファイルで稼動確認された上でご利用ください。●動作環境はこちらでご確認ください。 ●同一ライセンスIDでの利用端末数3台まで ●TEXT/画像コピー不可 ●印刷不可 ●その他ご利用条件については、ご利用規約をご確認ください。
※この商品のご購入は、個人の方が対象となります。図書館・図書室ではご購入いただけません。

目次

著者紹介

篠原 拓也(著者):1987年大阪市生まれ。大阪府立大学大学院人間社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了(博士:社会福祉学)。東日本国際大学准教授。専門は社会福祉原論、児童家庭福祉論。