KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



書評掲載
丸善のおすすめ度

テロリズムとは何か~<恐怖>を読み解くリテラシー~

小林 良樹  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \2,970(税込)         
発行年月 2020年06月
出版社/提供元
慶應義塾大学出版会
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 19p,325p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/社会科学/政治学/国際関係論
ISBN 9784766426809
商品コード 1031692607
NDC分類 316.4
基本件名 テロリズム
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2020年07月3週
書評掲載誌 毎日新聞 2020/07/25、毎日新聞 2020/08/15、読売新聞 2020/08/23
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031692607

内容

▼「テロ」。その政治的暴力の真実を探る。

「テロ」とは果たして何なのか。
終わることのないテロの問題は、我々にも決して無関係ではありえない。
理論と実際の両面からテロ問題の全体像の素描を試みる。

目次

著者紹介

小林 良樹(著者):明治大学公共政策大学院(専門職大学院)ガバナンス研究科 特任教授。
早稲田大学博士(学術)、ジョージワシントン大学修士(MIPP)。香港大学修士(MIPA)。トロント大学修士(MBA)。
1964年東京都生まれ。1987年、東京大学法学部卒業後に警察庁入庁。警察庁警備局外事第一課課長補佐、在香港日本国総領事館領事、在米国日本国大使館参事官、警察庁国際組織犯罪対策官、慶應義塾大学総合政策学部教授、高知県警本部長等を歴任。2016年3月からは内閣情報調査室の内閣情報分析官(国際テロ担当)として、テロ情勢分析に従事2019年3月、内閣官房審議官(内閣情報調査室・内閣情報分析官)を最後に退官。同年4月より現職。
専門はインテリジェンス、テロリズム、社会安全政策等。
主要著書に『インテリジェンスの基礎理論(第2 版)』(立花書房、2014)、“Assessing Reform of the Japanese Intelligence Community,” International Journal of Intelligence and Cou…