KNOWLEDGE WORKER ナレッジワーカー



新刊
丸善のおすすめ度

治水の名言~水災害頻発、先人の知恵に学ぶ~

竹林 征三  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日 
価格 \2,420(税込)         
発行年月 2020年07月
出版社/提供元
鹿島出版会
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 186p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/理工学/土木工学/海洋・河川工学
ISBN 9784306094512
商品コード 1031789778
NDC分類 517.21
基本件名 治水-歴史
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2020年08月2週
商品URLhttps://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031789778

内容

明治以降の近代日本の治水史と、先人が遺した治水の名言や知恵意を読み物として紹介する。

遠い昔から多くの自然災害に悩まされてきた日本。その中から近代日本の治水の歴史と、過去の治水事業の
成功・失敗例に触れ当事者たちの辛苦から生まれた様々な名言から、治水に関する知恵や教訓を学ぶ。

目次

著者紹介

竹林 征三(著者):竹林征三(たけばやし・せいぞう):
1967年京都大学工学部土木工学科卒業、1969年同大学大学院修士課程修了、建設省入省。1991年建設省土木研究所ダム部長、環境部長、地質官を歴任。1997年財団法人土木研究センター風土工学研究所所長。2000年富士常葉大学環境防災学部教授、付属風土工学研究所所長。2010年富士常葉大学名誉教授。工学博士、技術士(建設環境・河川砂防及び海岸)。科学技術庁長官賞、国土交通大臣建設功労者表彰、瑞宝小綬章受章、日本水大賞特別賞受賞、など多数受賞。主な著書に『風土工学序説』『ダムのはなし』技報堂出版、『甲斐路と富士川』土木学会・山梨会、『ダムは本当に不要なのか』ナノオプトニクス・エナジー出版局、『ダムと堤防』『物語 日本の治水史』鹿島出版会、など多数。