ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

近世城下町の付祭りの変化~伊賀国上野と下野国烏山を事例に~

渡辺 康代  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間  数量 冊 
価格 \3,960(税込)         

発行年月 2020年03月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 315p 図版15p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/社会科学/民族学・民俗学・人類学/民族学・民俗学・人類学
ISBN 9784860993771
商品コード 1031573629
NDC分類 386.156
基本件名 祭り-伊賀市
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2020年05月4週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031573629

著者紹介

渡辺 康代(著者):渡辺 康代 (わたなべ やすよ)1973年栃木県生まれ。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学。博士(文学)。現在,帝塚山大学および三重大学非常勤講師。主な著書・論文に『生活文化の地理学』(共著),古今書院,2019年。『近世武士の生活と意識「添田儀左衛門日記」 ― 天和期の江戸と弘前 ― 』(共著),岩田書院,2004年。「近世城下町桑名における祭礼の変容 ― 住民の生活文化としての祭礼へ ― 」,『歴史地理学』48-4,2006年。「近世城下町における祭礼形態の変容 ― 下野国那須郡烏山を事例として ― 」,『地理学評論』72-7,1999年がある。

内容

付祭りは、神社の祭礼などの余興として行われる行事で、山車や花火などがある。本書は、栃木・那須烏山市の「山あげ祭り」、三重・伊賀市の「上野天神祭」などを例に、日本の祭り文化を考える。

目次

カート

カートに商品は入っていません。