ホーム > 商品詳細
丸善のおすすめ度

教育の大衆化は何をもたらしたか~フランス社会の階層と格差~

園山 大祐  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間  数量 冊 
価格 \3,850(税込)         

発行年月 2016年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 10p,326p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/社会科学/教育学/教育社会学
ISBN 9784326602926
商品コード 1020189674
NDC分類 371.3
基本件名 教育社会学
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2016年07月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1020189674

著者紹介

園山 大祐(著者):大阪大学大学院人間科学研究科准教授。教育学修士。専門は比較教育社会学。編著書に「日仏比較変容する社会と教育」「学校選択のパラドックス」「排外主義を問いなおす」がある。

内容

戦後フランスの中等教育改革により教育の大衆化が進んだが、その後の景気の低迷と重なり、学校から労働市場への移行の断絶や、教育からの途中離脱が喫緊の政策課題となっている。また、富裕層と庶民階層の二極化が進み、庶民階層により厳しい結果となっている。なぜこのような結果が現れているのか、日仏の研究者が実証的に検証する。

目次

カート

カートに商品は入っていません。