研究分野や特集から本を探す

お客様の研究分野に沿って、関連する書籍を選書した特集をご紹介いたします。

特設コーナー

大学図書館所蔵ランキングリスト

2015年1月~2016年9月の新刊書籍を対象に、CiNii Booksの所蔵館数ランキングを作成しました。全国の大学図書館など約1,200館で所蔵されている、各分野のランキングリストです。ぜひ貴館での選書にご活用ください。 2016.12

テーマカタログ

テーマカタログのご案内
現在話題の時事問題・トピックスに関する書籍をテーマを変えながら随時ご紹介します!

イギリスのEU離脱問題・EU

昨年国民投票でEU離脱を決めたイギリス。メイ首相は今年3月末までにはEU側に離脱を通告し、正式に交渉をスタートさせることを表明しています。予定どおりに進めば2019年3月末にはEUを離脱することになりますが、交渉の内容次第では、堅調を維持しているイギリス経済が大きく減速する可能性も取り沙汰されています。イギリスのEU離脱問題やEUについての特集です。 2017.01

TPP問題について考える

トランプ次期アメリカ大統領が環太平洋経済連携協定(TPP)の離脱方針を表明するなか、日本では昨年末、衆議院での強行採決を経て、TPPが可決・承認されました。TPPの発効にはアメリカの批准が不可欠なため、TPPの発効はほぼ絶望視されていますが、安倍首相は今後もアメリカに働きかけを継続していく意向です。日本の農業政策や日米通商に関するタイトルも含めてTPP問題について考えるための書籍の特集です。 2017.01

わたしたちの未来想像

人工知能に支配された30年後の世界。家事いっさいを機械がこなし、自動車事故は皆無となり、完璧な同時通訳機があるので英語の勉強も不要になり、すべての人間の仕事は人工知能にとって代わられる――いままでSFの世界の中だけと思っていた未来像がにわかに現実味を帯びてきたなか、人間の役割は今後どのように変わっていくのでしょうか。わたしたちの未来に関する書籍を集めました。 2016.12

地域開発とコミュニティデザイン

従来の行政や企業体主導の地域開発だけではなく、そこに暮らす住民自身が課題を解決し、持続可能な地域づくり・まちづくりをしていく方法が模索されています。地域の過疎化や震災での被災などの現実的な課題を背景として、商店街の活性化、観光・特産品開発、地域医療、地域福祉など取組みはさまざまですが、「人と人をつなぐ仕組みをつくり、地域や社会をよりよいものに変えていく」ことがコミュニティデザインの基本思想です。地域開発とコミュニティデザインに関する書籍を集めました。 2016.12

日本における貧困と格差

OECD(経済協力開発機構)の調査では、日本の貧困率は、メキシコ、トルコ、米国に次いで4番目に高く、6人に1人が貧困であるといわれています。女性、子ども、高齢者の貧困が顕在化するなかで、いままで中間層といわれてきた一般的なサラリーマン世帯が貧困層にシフトチェンジを始め、一握りの富裕層との二極化が進行しつつあります。日本の貧困と格差に関する書籍を特集します。 2016.12

日本の就労問題

大手広告代理店の20代女性社員が、過酷な時間外労働を強いられ、上司からパワハラまがいの暴言を受けて自殺した事件で、「過労死」がひときわクローズアップされています。旧態依然とした労務管理をつづける大企業への批判が集まる一方、法の網をくぐって劣悪な労働環境で従業員に長時間労働を強いる「ブラック企業」も社会問題になっています。日本の就労問題にかかわる書籍を特集します。 2016.12

キューバの社会事情とカストロ政権

キューバのフィデル・カストロ前国家主席(前国家評議会議長)が90歳で亡くなりました。盟友チェ・ゲバラ等とともにキューバ革命を成功させ、その後半世紀以上にわたってキューバの最高指導者として君臨してきました。長期間にわたる経済的な困窮が続くなか、昨年キューバは54年ぶりにアメリカとの国交を回復しています。カストロと革命後のキューバの社会情勢に関する書籍を中心に特集します。 2016.12

現代韓国政治

軍事クーデタで政権を奪い、後に暗殺された朴正煕を父にもつ朴槿恵大統領は、現在、友人の国政介入に端を発した政治スキャンダルの渦中にいます。日本の植民地支配、米国の占領を経て1948年建国された大韓民国。60年あまりの間に、先進国の仲間入りをした韓国は、政治的には独裁国家から民主国家へと変貌を遂げてきました。現代韓国の政治に関する書籍の特集です。 2016.12

アメリカ政治・大統領選挙

11月8日に予定されている第45代アメリカ合衆国大統領選挙に向けて、共和党のドナルド・トランプ氏と民主党のヒラリー・クリントン氏の両陣営は選挙戦を繰り広げています。「異端児か女性初か」と関心を集めるとともに、「嫌われ者同士の戦い」ともいわれる今回の選挙戦。アメリカ政治・大統領選挙関連の書籍を特集します。 2016.10

IoT: Internet of Things

最近各種メディアを賑わしている「IoTとは何か」について明確に答えることができるでしょうか。「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と訳します。パソコンやスマートフォンなどの情報通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットにつながることで、生活やビジネスが根底から変わると言われています。ここでは、IoTについて取り上げた本を幅広く集めました。 2016.10

ノーベル賞2016 文学賞

今年のノーベル文学賞の受賞者に、米国の歌の伝統に新たな詩的表現を生み出したとして、米国のシンガーソングライター、ボブ・ディラン氏が選ばれました。なぜミュージシャンに文学賞を、との疑問の声がある一方で、詩と音楽の世界を融合させた現代の「吟遊詩人」との評価もあります。ボブ・ディラン関連書籍を特集します。 2016.10

ノーベル賞2016 経済学賞

今年のノーベル経済学賞に、ハーバード大学教授のオリバー・ハート氏とマサチューセッツ工科大学教授のベント・ホルムストローム氏が選ばれました。従来の契約理論では、企業が結ぶ契約はあらゆる事態を想定していることが前提となっていましたが、2人は、契約に無い、予期していない事態が起きた際、企業がどのように行動するのかを分析しました。受賞者の一人、オリバー・ハート氏の著作を紹介します。 2016.10

ノーベル賞2016 医学生理学賞

2016年のノーベル医学生理学賞を東京工業大栄誉教授の大隅良典氏が受賞しました。大隅氏は生物が細胞内でタンパク質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象を分子レベルで解明し、この働きに不可欠な遺伝子を酵母で特定し、生命活動を支える最も基本的な仕組みを明らかにしました。オートファジーがヒトのがんや老化の抑制にも関係していることが判明しており、疾患の原因解明や治療などの医学的な研究が評価されての受賞となりました。 2016.10

大学におけるグローバル人材・英語教育と英語論文作法

グローバル化の急速な進展にともない、国際社会で活躍できる人材が必要であるという産学共通の認識から、外国語の運用能力の向上や海外への情報発信能力の強化に向けた、各大学のさまざまな取組みがなされています。英語教育を含めた大学におけるグローバル人材育成と、研究成果の発信のために不可欠である英語論文作法について特集します。 2016.10

日本の食文化

2013年12月「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。季節の野菜や魚介類とともに供される米飯を中心とした和食の伝統は日本料理の根幹をなしていますが、同時に、明治以降に流入してきた外国料理は、日本人の味覚にあった形で取り入れられ、バラエティに富んだ食文化を育んでいます。日本人と食にかかわる書籍を特集します。 2016.09

自然災害・防災

日本列島付近を迷走し、列島を縦断していった平成28年台風第10号に象徴されるように、本年は数多くの台風が日本列島に上陸し、水害、土砂災害と甚大な被害をもたらしました。日本は気象による災害の他、地質による災害も多く、いかに防災に力を注ぐかが大きな焦点となります。ここでは、自然災害とその防災についての本を選書いたしました。 2016.09

アクティブラーニング

2014年11月に文科省が中央教育審議会に諮問した学習指導要領改訂案。その目玉の一つとして「アクティブラーニングの充実」の提案がありました。2016年に改訂、2020年から実地される、この新しい学習指導要領に沿って小中高の授業は運営されていくとこになります。しかし、現場ではこの手法が確立している学校は多くなく、これから調べ、考える先生がほとんどではないでしょうか。アクティブラーニングが比較的新しい概念であることもあり、関連書籍や事例集もまだまだ少ないのが現状です。 2016.09

ノーマライゼーション

「ノーマライゼーション(Normalization)」とは、障害者が一般市民と同様の普通(ノーマル)の生活・権利などが保障されるように環境整備を目指す理念のことです。「障害者をできるだけ普通の生活ができるように訓練する」といった自立支援の方向ではなく、「社会環境のほうを障害者が普通に暮らしていけるように整備していく」という思想です。その他、インクルージョン、バリアフリーなどを含め、障害者問題にかかわる書籍を特集します。 2016.09

ラマヌジャンと天才数学者

20世紀初頭のインドにて、「インドの魔術師」の異名を取った天才数学者、シュリニヴァーサ・ラマヌジャン。彼の伝記である「無限の天才」(工作舎)を原作とした映画『奇蹟がくれた数式』の10月公開予定に併せ、彼を中心に、歴史上の大数学者について特集いたしました。 2016.09

日本とアニメ文化

リオ五輪閉会式における、おなじみの日本のアニメやゲームキャラクターを使った次回東京大会のプレゼン映像は、海外での評価も高く、クールジャパンの宣伝効果は抜群だったようです。日本のアニメ・マンガに関する各論を含め、日本とアニメーション文化との関係を扱った書籍を集めました。 2016.09

自動運転

様々なセンサー類で周囲の環境を認識し、行き先を指定するだけで自律的に走行する自動運転車。人工知能の加速的な進化により、自動ブレーキなどの安全運転支援は勿論、完全自動運転まで行えるまでに発展してきています。法的な問題や、安全性の問題など、解決していかなければならない課題はまだ山積してますが、事故の減少、環境負荷の減少などが見込まれる最先端の技術です。 2016.09

人工知能・機械学習・ディープラーニング

人工知能の発展は、囲碁・将棋から自動運転、医療に至るまで、様々な面において人間の能力を超えようとしています。膨大なビッグデータを扱うことにより、人工知能自身が学習をする機械学習や、更に多層構造のニューラルネットワークを用いた機械学習であるディープラーニングについて取り扱います。 2016.09

人さいがい工知能と現代社会

今年3月世界最強といわれた韓国の囲碁棋士に、囲碁ソフト「アルファ碁」が圧勝したニュースは大きな注目を集めました。社会のさまざまな分野で人工知能が活用される一方、近未来社会においては人工知能の著しい発展によって人間の労働力の大半が不要になるのでは、といった可能性まで取りざたされています。人工知能についての入門書や現代社会における人工知能の課題、展望について扱った書籍を集めました。 2016.09

病院内文庫

普段から病院に通われている方、入院されている方を対象に、正しく病気や治療法を理解することや、闘病する上での心の支えとなるような書籍を集めました。病院の待合室や患者向け図書コーナーなどの書棚にお薦めできるタイトルです。 2016.08

医療研究法・医療英語

医療分野に限らず、研究成果を発表する際は、英語での論文執筆が求められ、また、学会などでのプレゼンテーションも英語にて行われることが多くなっています。更に、統計学に基づいて、研究成果を読み取ることが要求されるなど、高い質の論文を作成しなければ、アクセプトされにくくなってきています。ここでは、主に医療英語や論文作成法について、書籍を集めてみました。 2016.08

天文・宇宙科学

日本人宇宙飛行士の大西卓哉さんが、ISS(国際宇宙ステーション)での任務を始めています。また、木星探査機ジュノーが木星を回る軌道に入るなど、宇宙探査および開発の進歩は留まるところを知りません。惑星から宇宙の全体像に至るまで、宇宙のあらゆる側面を扱った書籍を集めました。 2016.08

SNSと上手に付き合う方法

写真や文章を自分の好きなタイミングでアップできるSNSは便利なコミュニケーションツールですが、一方で個人情報漏洩や人権侵害などのリスクも孕んでいます。ソーシャルメディアを利用するリスク・リテラシーの養成が教育現場においても喫緊の課題になっています。「SNSと上手に付き合う方法」に関する書籍を集めました。 2016.08

トルコ

トルコというと、先日の320人超の死者を出したクーデター未遂事件が記憶に新しいと思います。強権的な現政権に不満を持つ軍の一部がクーデターを画策しましたが、結局鎮圧されました。地理的にヨーロッパとアジアの分岐点に位置するトルコは、イスラム圏にありながら、独自の文化をはぐくんできました。また、トルコ共和国建国の父、ケマル・アタチュルクが日本贔屓だったこともあり、トルコには親日家が多く、日本との関係が深い国でもあります。 2016.07

オリンピック

4年に一度開催される世界のスポーツの祭典、オリンピック。2016年ブラジル・リオデジャネイロで開催される夏季大会につづいて、ご存じのように4年後の2020年には東京でオリンピックが開催される予定です。近代オリンピックに関する様々な書籍を集めました。 2016.07

ル・コルビュジエ

近代建築の三大巨匠の一人であり、モダニズム建築の提唱者であるル・コルビュジエ。日本でも東京・上野の国立西洋美術館の設計に携わり、これを含む7ヶ国17施設が「ル・コルビュジエの建築作品」として世界文化遺産に登録されることになりました。彼の作品、建築論を扱った書籍を集めました。 2016.07

イスラム関連書籍

イスラム国を中心とした近年に刊行された書籍や、現在のイスラムの状況に関連した本をピックアップしました。 2015.12

明治日本の産業革命遺産

「明治日本の産業革命遺産」および昨年に世界遺産に登録された「富岡製糸場」に関する書籍を集めました。 2015.07

感染症

猛威をふるったデング熱や、冬になると流行するインフルエンザなど、感染症の話題が絶えない中、関連書籍を特集しました。 2014.11

特定の研究分野

経済学ハンドブックシリーズ

1981年より刊行されているNorth-Holland社Handbooks in Economicsシリーズは、経済学のコア分野から始まり現在は周辺領域まで網羅、タイトルは100を超える定番シリーズです。

災害と危機管理 2016-2017

近年日本は火山噴火、豪雪・豪雨といった気象災害、感染症の蔓延など多種多様なリスクに直面しており、 災害に関する研究領域の重要性は日々高まりを見せています。こうした需要に対応すべく、災害危機管理 研究に関する最新の洋書文献を集めました。自然災害・人的災害の歴史から始まり、その発生のメカニズム、 またそれらに対する防災政策・危機管理、災害発生後の対応や復旧・復興に関する文献まで幅広くご案内しています。

看護学関連洋書新刊リスト

改版を重ねる定番書を中心に、看護学の新刊・近刊書を、カリキュラムに沿った分類でご案内しております。

(洋書)医学基本図書目録 2016-2017

医科学の主要分野において定評のある洋書を中心に、重要な新刊/近刊を網羅しています。

幅広い研究分野

2014-2015セットシリーズ目録 人文社会

人文社会セットシリーズ目録は、人文社会分野のおすすめセット商品・シリーズ商品をご紹介している目録です。

理工基本図書目録

理工系の分野におけるテキストブックや単行本、レファレンスの定番タイトルの最新版です。

人文書基本図書特集

人文書出版社20社で組織する「人文会」が作成した「人文書 販売の手引き」をベースに、人文社会系の基本図書となる書籍を、分野の説明と併せてご紹介いたします。